2019年10月19日

社長のブログ その4 コンビニオーナーは労働者か経営者か

私はファミリーマートを4店舗経営しています。
この前、裁判でコンビニオーナーは経営者か労働者か、の争いがありました。
判決はコンビニオーナーは経営者であるという判決が出ました。
そのため労働者の権利である、団体交渉にコンビニの本部は応じる必要がない
という判断です。
個人的な見解を言うと、実際に経営してみて、コンビニオーナーは経営者と労働者の
中間の立ち位置だと感じます。
どちらかに決めることはできないのではないかと感じます。
労働者の側面・・・営業時間は決められない。売上は毎日本部へ送金。経費の内容は経営者で
         決められないものがあります。
経営者の側面・・・発注は自分で決められるものが多い。自分の判断で運営できる部分もある。
今、コンビニ業界もいろいろな課題に直面しています。
私も店頭に立つ日があります。それでいいのか?と考えます。
人手不足でなかなか人が集まりません。
日々問題を抱えながら、目的に向かって仕事をしていきます。
2019/10/19 9:54
posted by test at 09:57| Comment(0) | 河口湖スイーツガーデン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください