2019年12月16日

社長のブログ その11 コンビニ報道は一方的?

私はコンビニを現状4店舗運営しています。
ネットニュースなどでコンビニの記事をよく見るように
なりました。
ただ記事の中身は偏りがあるように思います。
コンビニの加盟店の報道は被害者目線で
書かれていることが多いと思います。
例えば、長時間で、収入が少ないとか、正月が休めないなどの
目線で書かれています。
本部に反旗を翻す店舗の話題などもあります。
対して、コンビニ本部は新商品のPR、コンビニの食品の対決。
悪い情報だとコンビニ会計、廃棄ロス、24時間営業の話題などが多いです。
加盟店がこんなに頑張って、付加価値を上げました!とか
人を育てました!とか
このこのようにして人手不足を解消!といった記事はゼロです。
マスコミは報道のパターンが決まっている気がします。
2019/12/16
posted by test at 14:54| Comment(0) | 本社/津具屋製菓 | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

社長のブログ その10 コンビニの発注・・・・

今回はコンビニの商品発注について書きたいと思います。
コンビニの店内には約3,000アイテムもの商品があると言われています。
(私は数えたことはありません)
その発注は毎日となると大変です。
発注に必要な条件があります。
雨が降る、降らない。
気温が高くなる、ならない。
イベントがある、ないによって発注量が変わってきます。
さらに廃棄の数量を少なくするために、棚ごとに発注の金額を
ある程度決めないといけないです。
繰り返しの数量も頭に入れないといけないです。
アイテム数がパンだけでも100アイテム以上。
おにぎり40アイテム、弁当30アイテム
その他パスタ、麺、サラダなどなどあります。
その発注の結果予想通りに売れてくれればいいのですが、全く違ってみたり、
廃棄が沢山出たりすることがあります。
それを毎日繰り返すと・・・・だんだんイヤになってくるものです。
もういい!!!!という気持ちになることもあります。
あ------とやるといい加減な発注になることも、たまにあります。
そんな感じで毎日発注を上げています。
2019/12/12
posted by test at 09:26| Comment(0) | 本社/津具屋製菓 | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

社長のブログ 9 お客様の行動は矛盾だらけ その4

コンビニではクオカードを販売しています。
ちなみに500円分のクオカードを買うには530円
1000円分のクオカードを買うには1040円
2000円分のクオカードを買いうには2000円が
3000円分のクオカードを買うには3000円が必要です。
問題はここからです。
5000円分のクオカードを買うと5070円使えます。
10,000円分のクオカードを買うと10,140円分も使えるのです。
なんとこの低金利の時代にただクオカードを買うだけで1.4%の利息が付くのと同じです。
いま現状の銀行の金利は0.01%くらいです。
市場金利の140倍です。大変お得です。
コンビニ各社のポイントカードでも1%くらいです。
こんなお得なクオカードはまったく売れません。なぜなのでしょうか?

2019/11/30
posted by test at 09:23| Comment(0) | 本社/津具屋製菓 | 更新情報をチェックする